街や自治体の情報をみんなに知ってもらいたい。

御当地ブーム

ここ数年で、地方自治体や街での観光合戦など、全国版のテレビで注目を集める機会が増えています。
都心といった都会に住む人でも、百貨店などへ行くと、その土地土地の名産品を比較的簡単に手に入れることが出来ますし、最近はインターネットが一般家庭のほとんどに流通しているので、ネットから、街や自治体の名産品を購入することが出来るので更に身近に感じることが出来るようになりました。

 

御当地でイメージをするなら、「ゆるキャラ」が代表的であると思います。
かわいらしい地方の特産品や有名な物語、または建造物由来のデフォルメされたキャラクターがテレビに出てきて自分が生まれた地方のPRをするのを見かけると思います。

 

この「ゆるキャラ」が登場したのも、ここ5年ほどの間のもので、さらに言えば現在のように各都道府県に1つのキャラクターではなく、複数のキャラクターが登場するようになったのは、このゆるチャラブームが起こってからです。

 

一番最初のころのゆるキャラたちは、それこそ、いち地方のマスコットキャラクターとしての存在であったようです。
しかし、ネットやテレビで取り上げられるようになると、その土地の独創的なゆるキャラ達の姿に心惹かれる人が多くなり、他の地方でも観光客招致の目的もあって、次々にゆるキャラが生まれていくといった事態になったのです。

 

このゆるキャラには、原則というものが存在しています。
原則1.郷土愛に溢れている、またメッセージ性があること。
原則2.たち振る舞いが不安定でユニークであること。
原則3.愛される「ゆるさ」を持っていること。

 

といった、原則自体もユニークな物です。
そして、原則の1つである、郷土愛に溢れていることというのは、そのままの意味で、所属する地方のことを愛していること、そして、その街をPRするためにその存在がいるということです。

 

ただ、原則の3つ目にある愛される「ゆるさ」には、若干人によって捉える印象が違っています。
何故なら、「カワイイ?」と首を傾げてしまう、なんとも独創的なキャラクターが多いからです。
中には、気ぐるみと言えるものではない、人の形そのままのキャラクターもいたりして、そのキャラクターの独創性なども注目を集め、「御当地ゆるキャラ」は多くの人に印象を与えています。

 

そして、このブームはいち地方のキャラクターとしてではなく、それこそディズニーなどの有名キャラクターにも負けない認知度を持ってしまったキャラクターも存在するなど、全国で愛されるようになってきています。

 

このように、御当地、地方の自治体の活動であったローカルな取り組みがメジャーになることは多々あります。そして、自分が暮している街でも、そういった注目を集めるだけの情報が眠っている可能性があるのです。

 

この知っとこウェブでは、街や自治体の御当地情報をより活用、そしておもしろい情報を紹介していき、第二ゆるキャラブームを作るかも知れない。そんなサイトを目指したいです。